ネットショップの買い物

インターネットで買い物する時に、カード以外の決済方法はいくらでもあります。 銀行振込や代金引換など、今でも決済方法の選択肢に表示されますよね。最近では携帯通信会社を通した決済方法もあります。 しかも自身でカード決済ができるようにするのは時間と労力がかかります。

決済代行サービスとは

インターネットでの買い物は今や私たちの生活には欠かせません。
例えば、大手企業のネットショップサイトでは生活に必要なものはほとんどそろいます。
食料品、日常雑貨はもとより、家具や家電も販売されています。
しかもそれが家庭用のもの以外にも業務用のものも販売されています。
つまり、日中様々な理由で買い物に行くのが難しい主婦以外に、専門道具が欲しい一般人や、小規模事業を営む方の仕入れ先にもなっているのです。

現在のようにネットショップが当たり前になる以前、対面販売以外の代金の支払いには業者の口座に振り込むということが主流でした、その後、代金引換といった方法も当たり前になりました。

支払い方法によっては手数料がかかることもありますよね。
例えば代金引換は300円前後かかることが多いです。
銀行振込も多くの場合振込手数料がかかります。
しかも、代金引換の時は事前に代金をできる限りおつりがないように準備し、銀行振替は銀行まで行かないといけません。
最近ではネットバンキングでの支払いも可能になりましたが、買い物の後、ネットバンキングのサイトにつなげ、手続をしないといけません。

このような買い物の手間を省けるのがカード決済や携帯電話会社を通した決済です。
予め登録しておけば、買い物のときに画面操作だけで支払いができるので、手間がかかりません。
「支払い後に発送」という商品ならば、すぐに銀行などに支払いに行けないという方にとっては商品の発送まで最短にすることもできます。

このように考えるとネットショップを遠泳する側にとっても、決済方法の選択肢を多く持つことが売上を伸ばす上で重要です。

費用はどれぐらいかかる?

決済代行サービスはあなたのサイト内でもお客様がカードでお買い物ができるようにしてくれます。 いくら自身でカード決済を導入するのが大変でも、決済代行業者に頼んだ時に費用はいくらかかるのか、いつ費用が発生するのか、導入してからも費用がかかるのか知っておきたいです。

カード決済ができるメリット

インターネットで買い物する時にはカード以外の決済方法はいくらでもあります。 銀行振込や代金引換など、今でも決済方法の選択肢に表示されますよね。 決済代行業者に依頼することでお客さんにもメリットは当然ありますが、ネットショップ側にはそんなメリットがあるのでしょうか。