ネットショップの買い物

この記事をシェアする

カード決済導入は大変

もしも自身でカード会社に連絡をとってカード決済ができるようにするのは大変です。

カード会社と直接契約をするには審査に通らないといけません。
審査も形だけのものではなく、会社のことを見られます。
この審査ですが、業種によっては通りにくいことがあるので、事前に確認が必要です。
また、そのカード会社の決済を使うための接続システムも自身で作らないといけません。
その接続システムもカード会社ごとにしないといけません。
例えば日本でもメジャーな3社と契約したいと思った時に、3社に審査を申し出し、審査に通ったら、3つ分の接続システムを構築し、導入します。


これらに加えて、コストもかかります。
契約したカード会社ごとにお金を払うというのも大変ですよね。

代行業者がしてくれること

本来ならば自身でカード会社と契約しなければいけないことを、代行業者がしてくれています。
決済代行業者は予め複数のカード会社と契約をしており、私たちはカード会社とやり取りをする必要はありません。
なので、代行業者に依頼した際にどのカード会社の決済を使えるようにしたいかをいうだけで大丈夫です。

接続システムについても構築してくれますし、一括で管理ができるという点でも便利です。
のちに決済方法を増やしたい時でも、代行業者に連絡すればいけます。
カード会社以外にも、コンビニ決済、ApplePay、銀行口座振込といった決済方法でも、代行業者が提供しているサービスであれば導入可能です。

導入後も、システムのメンテナンスサービスが受けられます。
また、業者によっては売上アップのサポートもしている所もあります。