カード決済ができるメリット

この記事をシェアする

売上の管理がしやすくなります

もし自身でカード決済システムを導入した場合、管理という事務作業が増えます。
カード会社ごとに決済日が違うので、それぞれに手数料代を計算し、支払わないといけません。
個人でしているショップですと、しなければいけないこともたくさんあるはずです。
お客さんの利便性を考えて導入しても、その後の維持する手間を考えると大変です。

代行業者に依頼することで、複数のカード会社の決済システムを使えても管理は一括でできますし、カード会社とのやり取りは代行業者がしてくれますので、ネットショップ側の手間はかなり省けます。

導入の際も、パソコンが弱いから導入するなんて無理という人でも業者にお任せすれば安心です。
導入後の管理も任せられるので、困ったことがあれば頼ることもできます。

費用も自分でするよりも安くなることも

自身でシステムを導入した際にかかる費用には、カード会社ごとに払う手数料がまずは1つ。
代行業者に依頼していた場合、業者が最初に払っている費用になるので同額払うということにはなりません。

システム導入後、アップデートが必要になることもあります。
なので、最初に接続システムを作ったからもう大丈夫!ということはなく、今後もシステムを変更しなくてはいけないこともあり、また開発費用がかかります。
決済代行サービスに依頼していればこのような時も対応してくれます。

自身でした方が安いということもありますが、決済システムに関してはそうではないこともあります。
一度決済代行業者に見積もりを依頼して、いくらかかるのか確認してみてはどうでしょうか。